愛媛での太陽光発電の導入

愛媛県では、県民が新たに住宅に太陽光発電システムを導入する際に、補助金制度を設けています。
太陽光発電は、太陽の熱エネルギーを電力に変えるため、石油などの天然資源を用いないことから、地球環境に優しい発電方法です。
さらに、発電時に二酸化炭素などの有害な温室効果ガスを排出しないため、地球温暖化の防止にも役に立ちます。
ただ、住宅用や企業用の太陽光発電システムを導入するには、今のところ100万円を超える費用がかかってしまうため、設置をためらう住民も多く居ます。
そこで、愛媛県では、補助金を支払うことで、県民の設置費用の負担を減らして、多くの家庭への太陽光発電システムの導入を促しています。
このような補助制度を設けることで、愛媛県内では、太陽光発電システムを設置する家庭が増えました。
愛媛県は、日本でも南の方にあり、日照時間が長いため、太陽光発電システムにて効果的に発電することが可能です。
今後愛媛県内での太陽光発電システムを利用した電力供給は増えていくでしょう。