補助金や買取制度を使って、お得に太陽光発電を導入する

太陽光発電は現時点では一般的に普及しているとは言いがたい状態です。
ただ、これから更に普及は進むでしょうし、商品が市場に出回るようになると競争商品ともなるので価格も下落してくるでしょう。
もともと安い買い物ではないので、ならば、価格が下がるまで待ったほうが無難なのか、というとこが問題になります。
しかし、これは一概には言えません。
確かに普及が進めば価格が下落することは考えられます。
ですが、現時点では太陽電池の技術やコスト削減に関して、ある程度まで進んでしまっているとの事です。
そのため今後、太陽電池の新技術が開発されて市場に出回るようになるまでは今の太陽光発電システムの大幅の価格下がりは期待できません。
では、購入のタイミングはいつが最適になるのでしょうか?
それは今だと言えます。
今が太陽光発電の導入に最適な時期とされている理由は2つあります。
それは「補助金制度」と「買取り制度」です。
太陽光発電システムの導入の際に、申請することで国と自治体から補助金が出るようになっています。
国の補助金は1kwに対して補助できる金額が一律で決まっていますが、自治体から出る補助金は地域によって差があります。
しかし、これらの補助金は太陽光発電の導入を普及させるための起爆剤のようなものなので、太陽光発電の普及が進むに連れて補助金制度が無くなることも考えられます。
また、発電して家庭で消費しきれなかった電気を電力会社が買い取ってくれる買取り制度があります。
現在は買取料金に割り増し制度が設けられており、一定の期間、一定の金額での電力買取が保証されています。
しかし毎年、この買取料金はカットされていくので、カットされる前に導入を決定して買取り制度を適用させる方が高いメリットが得られるでしょう。
仮にこの先、補助金や買取り制度はなくならないとしても、金額が減っていくことは確実です。
そのため、早めに導入することでお得に太陽光発電システムが導入できるということになるでしょう。