太陽で発電する仕組み

太陽のエネルギーを利用するシステムを総括してソーラーパネルと言います。
このソーラーパネルは、目的に応じて利用する太陽のエネルギー源が異なります。
太陽の「熱」を利用する場合はお湯を作ること、太陽の「光」を利用する場合は電気を作ることがエネルギー活用目的です。
一昔前は太陽の熱を利用して温水を作ることが太陽エネルギーの活用方法として主流でしたが、今では太陽の光を元に発電する太陽光発電の方が大きな注目を集めています。
では、実際に太陽の光を使ってどうやって発電するのか仕組みを紹介します。
多くの方が一般的に良く見かける太陽光発電システムは、一般住宅の屋根の上に設置されているソーラーパネルだと思います。
このソーラーパネルで太陽の光エネルギーを電力へ変換するのですが、パネルの基盤となっているのが「太陽電池(セル)」という電力機器です。
そして、太陽電池を縦横に配列してパネル化したものを「太陽電池モジュール」といいます。
発電力を高めるために、複数枚の太陽電池モジュールを並列して設置します。
一般住宅の屋根の上に設置されているのは太陽電池モジュールを並べたものであって、太陽電池モジュールの集合体を「アレイ」と言います。
発電の簡単な仕組みは、太陽電池モジュールで太陽の光を集めて吸収して発電するのですが、この時点で発電した電気は直流電気(乾電池から得られる電気)です。
しかし、一般家庭のコンセントから取れる電気は交流電気なので、直流を交流へ変換しなくては家庭の電力としては使えません。
なので、直流から交流に変換するために、発電した電力を「接続箱」を通して「パワーコンディショナー」に送ります。
このパワーコンディショナーで直流を交流へ変換して、屋内の分電盤へ繋ぎます。
そして各部屋のコンセントへ交流電気を分配しています。
また、パワーコンディショナーから発電量を示すモニターも接続するので、毎日の発電量や消費力が一目で分かるようにもなっています。